このページではJavaScriptを使用しています。

こんなことがありました!

お天気に恵まれ 最高の中山道まつり

更新日:2008年10月24日

 今年の中山道まつりは、素晴らしい天気に恵まれて開催されました。
 佐光運営委員長の開会宣言、太田小学校3年生の生徒70人による「やさしいふるさと」合唱。藤井参議院議員、渡辺市長の挨拶。そして餅投げ。今年は美濃加茂ライオンズクラフ、深田クラブの協賛で、開会式と閉会式の2回餅投げをすることができました。

 本部ステージでは、太田第一、第二保育園、古井第二保育園児による鼓隊演奏、お手玉の演舞、アルプホルン、鳴子おどり、日本舞踊、YJDSの キッズダンス、 和太鼓演奏、大蛇の舞いなどのイベントが終日披露されました。午後4時頃には、本部ステージに姫行列が到着し、まつりは絶頂に達 しました。

 多くの見物客が5人の美しいお姫さまにみとれ、あっちこっちでカメラのシャッタアーが切られました。
 下町会場では、路上落書き、紙ヒコーキ、バルンアート、サイコロゲームなど子どもを対象としたイベントが企画され、終日、ちびっ子たちで一杯でした。
 中山道会館の楽市楽座も、31ものいろいろなお店が出店し、深田クラブの皆さんの餅つき大会が行われるなど、終日、お客さんで一杯でした。
 
  そのほか祐泉寺では花園会女性部の芋煮会が人気で長い行列ができ、小松屋では商工会議所女性会のバザー、加茂女会の大正琴の演奏会、御代桜前では、中 山道もりあげ隊の紙芝居、腹話術、オカリナ・二胡演奏などが行われ、中山道界隈は、終日、多くの人出と笑いに包まれました。ご協力ありがとうございまし た。

       

 
 

一覧へ戻る