このページではJavaScriptを使用しています。

こんなことがありました!

松月堂古流の神納七夕飾り

更新日:2013年07月06日

 太田宿中山道会館では、松月堂古流の神納七夕飾りを展示しています。DSC03378.JPG

これは、唐の玄宗皇帝の時代に中国の貴族の遊芸として盛んに行われた七夕星まつりで、我が国では、孝謙天皇の時代(755年)に遣唐使により語り伝えられ、平安貴族社会の行事の一つとなった七夕飾りです。

陰暦の7月7日に歌詞や筆法の上達を願い梶の葉に歌や詩を記し、机上に筆や硯を供え、上達を願って竹に五色の糸を掛ける情味豊かな風習としている。

 20130706123146_00001.jpg

20130706123146_00002.jpg

 
 

一覧へ戻る