このページではJavaScriptを使用しています。

企画展示案内

中山道、太田宿に関連した企画展示を期間限定でおこなっています。江戸時代を中心に中山道にまつわる貴重な展示物を無料でご観覧頂けます。

江戸の千両箱展開催中!

更新日:2014年07月15日

DSC05353.JPG企画展示 「江戸の千両箱展」

 

千両箱には夢がある。「一生に一度はお目にかかりたいものだ」と江戸の庶民は思ったことでしょう。一度、その手応えを味わってみませんか。

展示期間   平成26年 6月17日(火) ~ 11月3日(月)まで

展示場所   太田宿中山道会館 展示室

 

対   象   どなたでも

入 場 料    無  料

問い合わせ  太田宿中山道会館   0574-23-2200

 

千両箱と言えば江戸の大泥棒 鼠小僧次郎吉を思い浮かべる。「千両箱を小脇に抱え、屋根を飛び移る。」。そんなことが可能であったかどうかは判らないが、おおよそ15㎏の千両箱を抱えての立ち回りは困難と観た方が良さそうだ。江戸初期の千両と言えば今の貨幣価値で言えば約1億円。宝くじで庶民が夢に見る額だ。ただし、幕末頃には5千万円程に下落していましたが、江戸の夢「千両箱」を追ってみよう。

 

千両箱

 

その名の通り千両の貨幣を収納することを目的とした箱で、小判あるいは一分金の包塊(25両)が40個分収納可能でした。1854年頃からは二分金用の千両箱や大判が収納可能なタイプも使用されるようになっている。また、5千両箱や万両箱なども作られ、使用されました。用材としてはヒノキの木が用いられ、漆塗りで仕上げられ、角を鉄板などで補強しているものが多く見られました。南京錠によって施錠することができるタイプも存在しました。大きさも様々で、千両が収納できる一般的な千両箱の大きさは、縦40㎝、横14.5㎝、深さ12.3㎝。千両箱のイメージは黄金色の四角ばった長方形であったが、実物は小ぶりで細長く、色も黒茶系で地味である。

 

 

万両箱

 

三菱東京UFJ銀行貨幣資料館(名古屋市)に展示されている万両箱は、まさに天下一品で、一万両の大金を保管する金庫であり、この万両箱は江戸時代から明治維新まで、京都二条城のご金蔵に格納されていたものと伝えられています。見るからに頑丈につくられ、外側は鉄帯でからめ内部は一面に厚い南蛮鉄が厳重に張られています。重量は約150kgもある重厚な箱です。

 

 

銭 箱

 

商家で用いた日常の銭入れ箱。上部には、丸い穴や漏斗状のお金の落とし口を付け、一度入れたら手で出せないようにして、出すときは下の錠付きの引出を開けて使用した。用材はやはりケヤキや樫の木などの堅い木を用いたが、朴や桐などの用いた物もありました。

 

 

鼠小僧次郎吉

 鼠小僧は、江戸後期(寛政九年~天保三年)大名屋敷を専門に荒らした窃盗犯で、本職は鳶職であったといわれ、義賊の伝承で知られます。博奕で身を崩し、盗人稼業に手を染め、武家屋敷に忍ぶこと九十九カ所百二十二回に及んだが、天保三年上野国小幡藩屋敷に入ったところを捕まり、市中引き回しの後処刑されました。

 

鼠小僧は「貧しい者に盗んだ金品を分け与える義賊」との伝説があるが、研究家の調べによるとそのような史実はなく、慎ましやかな生活態度からそのような説が流れたかもしれないとのことです。

 

中山道の各務野の鼠小僧の碑

思いかけず、身近なところにねずみ小僧伝説が生きていた。

「昔々、中山道の各務野(鵜沼宿と加納宿間)は見渡すかぎり草原で寂しい場所でした。あるとき旅の若い娘が各務野で日没で困っていると一軒の灯りが、娘はその家に泊めてもらいますが、実はそこは旅人から金品を奪う悪人の家、たまたま六十六部の修行者が泊まっていて悪人を懲らしめたので娘は無事に旅を続けられました。六十六部とは日本全国六六か国を巡礼する法華経を広める宗教者で、江戸時代が最も盛んでした。娘を助けた六十六部は実は義賊のねずみ小僧次郎吉の仮の姿で、江戸で処刑されたという話が各務原に伝わると、ねずみ小僧次郎吉の各務原での行いを後世に伝えるために石碑が建てられたそうです。

石碑は、岐大跡地の市民公園の高山線と名鉄の間にある神明神社の中にあります。(木曽川学歴史ガイドブックより)

 

 

 

江戸の千両箱展

 
 

一覧へ戻る