このページではJavaScriptを使用しています。

太田宿と太田の歴史

美濃十七宿

更新日:2008年02月07日

中山道は江戸から信濃国をぬけ、美濃国に入るとやがて濃尾平野とつながり、京までは平坦な道が続きます。街道には六十九の宿場があり、そのうち十六宿(現在は馬籠宿を含め十七宿)が美濃国におかれました。宿場は江戸日本橋を起点に板橋宿からはじまり、太田宿は五十一番目の宿場となります。

 
『美濃十七宿』の続きを読む
 

<<   12