このページではJavaScriptを使用しています。

イベント情報

中山道会館主催のイベントはもちろん、「中山道太田宿 小松屋」共同主催のイベントなど太田宿が大好きになる楽しい催し物を告知しています。
皆さんのご参加をお待ちしています!

3/15 お茶の間ゼミナール 「水害は天災か人災か」

更新日:2012年03月13日

 ~ 明治以降の治水と海外の河川政策~

 近代の日本においては、堤防の中に洪水を溜めることで治水が行われ、いつしか堤防があることによる安心感で、本来は危険な地域にも住宅が建てられるようになりました。明治時代の地図を見ることにより、近年の水害が異常気象によるものか、それとも人災なのかを皆さんと考え、現在、アメリカで行われているダム撤去やヨーロッパで進められている氾濫原の回復など新たな河川政策についてもご紹介いたします。

日時  平成24年3月15日(木) 19:00~21:00

場所  太田宿中山道会館 (美濃加茂市太田本町3-3-31)

会費  1,000円 (コーヒー又は紅茶とケーキ付)

主催  お茶の間ゼミナール

協賛  NPO法人 宿木

講師  豊田崇文(とよだ ふみたか)

   環境カウンセラー 某社で環境及び廃棄物のコンサルティング部門に勤務。

   大学時代から河川に関するNGO団体に所属。2003年に河川再生のため

   の「情報提供」と「つながりの創出」を目的とし、リバーポリシーネットワーク

   を設立。市民やNGO、研究者、行政などが公平な立場で科学的に議論で

   きる場を提供している。

 

 
 

一覧へ戻る